最近のテレビ報道に思うこと

最近のテレビ報道に思うこと

昨年発生した東日本大震災。

これをきっかけに、家庭での防災対策、国の防災対策とか毎日のようにニュースで見かけるようになった。

各家庭での防災対策はどこまで出来るのか考えてみた。

緊急時に非難道具をまとめて玄関に置いておく。

中身は懐中電灯、水、簡易トイレ、非常食、軍手。

これを下駄箱の中にいれて、まったく同じものを車の中にことらは2セット用意した。

でも、ふと思うことがある。

いざと言うときに、これを持ち出して非難できるかどうか。

東日本大震災は震度7。マグネチュード9。

そんな大地震がきたら、人はパニックになって荷物のことを忘れて我先に逃げようと思うのかもしれない。

今回の地震で揺れた後に津波が来る。早く逃げなきゃ!!思ってしまうかもしれない。

私が住んでるのは九州地方。

不謹慎かもしれないけど、今回の地震も津波も同じ日本で発生したことだけど、

正直テレビからの情報源だけと言うのが現実。

なので脱原発の反対運動をしている方々に聞きたいことがる。

もし、このまま原発の稼動がなくなり、日本から原発が消えてしまったら、と。

僅かな地熱発電と風力発電だけでは、今までのような生活は間違いなく出来ない。

そうなったらどうやって生活するのか。

きっとまた政府になんらかの要求をするはず。

とりあえず震災から1年。

日本国中で節電に取り組んできたが、今年の夏には限界をむかえるかも知れない。

今までは「節電」という言葉自体がメディアから聞こえてきたから、

みんなで協力してがんばろう、でよかったと思うけど、 今は「節電」は当たり前。

こまめに電気を消しましょう。限りある資源を未来のある子供たちのためにのこしましょう。

正直、もう、私はうんざりです。

きっとこのブログを読んでほとんどの方が不快感を表すと思います。

被災された方々には大変な思いをされている方も大勢います。

でもやっぱり九州地方に暮らす私たちには遠い日本の出来事をテレビで知り、

「怖いねぇ~、かわいそうだね~、これからが大変だねぇ~」と話すだけで終わってしまいます。

とっても狭い日本だけどテレビを通して知る日本はやっぱり広いなぁと思うし、

何らかの行動を起こさないかぎり他人事で終わってしまうのかもしれません。

足脱毛vライン脱毛

娘の成長で困っていること。

最近、娘の成長がすごいんです!

1歳8ヶ月になる娘。モリモリ成長してます。

 

現在の娘の流行は、パンチ!

ママにもパパにも、ばあば、じいじにもパンチしまくりです。

まだ家族以外にしてないからいいけど、他の人にしたら大変です。

だって、子供のパンチと思えない程に痛いんです。

やっぱり、まだ加減を知らないからかな。

 

今朝だって、娘のパンチで起こされました。

少し前に本屋で育児漫画を読んだけど、

「睡眠中はいつ子供に攻撃されてもいいように、体を丸めて防御態勢で寝ている」というのに、

共感している今日この頃です。

娘が基本先に毎日起きているんだけど、まだ一人で何かをしていられないので、

近くにいる私やパパに攻撃をしてくるのです。

 

この前は娘が本の角でパパの顔をえいっ!ってしたので、パパは口が切れてしまってたし。

ベッドの上から下に寝ているパパにダイブして起こしたりするし。

頭突きをしてパパを起こしたりするし。

どこからか、布団たたきを持ってきてはパパをつんつんしていたことも。

って、皆そろそろ気づいたと思いますけど、

そうなんです!娘は基本、パパしか起こしません。

以前は私にもいろいろなことをしてはいたんですけど、

何をしても私が起きることが無いと分かったのか、最近ではパパしか起こしません。

なので、娘のことは自然と朝はパパ担当なのです。

 

でもたまに私にも攻撃してくるので、防御は大切です。

今までは布団をかぶれば大丈夫だったのに、すでに布団をめくるという行為も覚えてしまったので、

さらなる防御が必要なのです。

今日の朝はいつも通りに布団をかぶって寝ていると、その上に乗って牡馬さんごっこを勝手にしてました。

一人遊びに寝ている人を使わないでもらいたい。

まぁ、それが可愛いんですけどね。

おかげで、明日はどんな起こし方をしてくれるんだろう?って楽しみになってきているくらいです。

でも本音はもう少し寝ていてもらいたいって感じですけどね。

今日、ペン型のおもちゃを買ったので、

そのペンで突つかれないようにまた今日も防御をしながら寝ることにします。

いや、防御よりも隠しておこうかしら。

その方が安全に違いない。

背中の脱毛